『NHK大河ドラマ いだてん~東京オリムピック噺~』

評価 (4.33 / 9)
NHK大河ドラマ
『いだてん~東京オリムピック噺~』
◆放送期間 : 2019年1月6日 ~ 12月 日(予定)
(全47回)
◆制作 : NHK(BK)
◆平均視聴率 : %
◆制作統括 : 訓覇圭、清水拓哉
◆プロデューサー : 岡本伸三、吉岡和彦
◆演出 : 井上剛、西村武五郎、一木正恵、
大根仁
◆脚本 : 宮藤官九郎
◆原作 :
◆音楽 : 大友良英
◆主演 : 中村勘九郎、阿部サダヲ
◆出演 : 綾瀬はるか,生田斗真,永山絢斗,
ピエール瀧,勝地涼,松坂桃李,山本美月,
峯田和伸,川栄李奈,竹野内豊,
シャーロット・ケイト・フォックス,
白石加代子,役所広司、他
◆語り : ビートたけし


2019年度・NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』のレビューをお待ちしています。

評価 (4.33 / 9)

28
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
南高卒
南高卒

岸清一の地元では、岸清一の偉業を讃える、地元のケーブルテレビを、盆期間、放送した。我が夫、つい、視聴。いだてんよりも、日曜美術館の夫…。岸清一の地元で良かった…。今夜は、私の好みに合わせて、いだてんにチャンネル合わせてくれた!岸清一さんも出られたので、夫も満足…ですが、とにかく、感動の涙涙涙…の私でした!まあ…感性の違いだからしょうがない面は有る…のでしょうが、夫の感動コメントはなかった…でも、一緒に、このテレビ画面、共有出来て、嬉しい!…すみません…ドラマの感想とは違って…。来週、やっと、まーちゃん、結婚みたいね!ずっとセリフなかった事の意味…。上手く出来てる……。天才!!とにかく、クドカンの脚本、最高!!!

南高卒
南高卒

人の中で人は育つ…クドカンの父親の言葉。クドカンのファミリーヒストリーを、見ました。どうやら、お正月の放送の再放送…。だからきっと、当時、クドカン一族話に、へえ〜へえ〜!!って、もう、大変話題になったんでしょうが、私は今、知った…。遅すぎる…。いやあ、クドカンの原点に、お父様の人間性の素晴らしさに…色々感動てんこ盛りでした。いだてん本編も、相変わらず、わちゃわちゃアンド感動の嵐…。素晴らしい大河ドラマ!

巨炎

落語パートの比重が面白さのパロメーターにならなければ良いが…。

神回だった前回より若干、トーンダウンのきらいもあるが、とにもかくにも
(そもそも最近、東京で何をやっているのか良く分からない)四三の幕引き。
しかし普通は前半主人公の志を後半主人公が引き継ぐ話になりそうなのに、
四三が全力を尽くす中で互いを認め合うスポーツの原点ともいうべき精神を
言葉や理屈より肌で感じているのに対して
勝つ事にひたすら貪欲で選手ではない田畑は全く理解していない。
この認識のズレが後半の展開に大きく影響していくのかもしれない。

それにしても、まーちゃん。アンタは総監督というよりプロデューサーだよ…。
煙草を吹かしまくりな所もアクの強さが良く出ている。
昭和の男って普通はこうだよねぇ。
こんな事で一々、クレームつけてたら時代モノなんんぞ作れません。
選手は勿論、吸っちゃだめだし私も吸わんけど。

1 4 5 6