『獣になれない私たち』

評価 (3.22 / 18)
獣になれない私たち 水曜ドラマ『獣になれない私たち』

◆放送期間 : 2018年10月10日 ~ 12月 日(予定)(全 回)
◆平均視聴率 :
◆制作 : 日本テレビ
◆プロデューサー : 西憲彦、松本京子、大塚英治
◆演出 : 水田伸生
◆脚本 : 野木亜紀子
◆原作 :
◆音楽 : 平野義久
◆主題歌 : あいみょん「今夜このまま」
◆主演 : 新垣結衣
◆出演 : 松田龍平,田中圭,黒木華,菊地凛子,田中美佐子,松尾貴史,山内圭哉,犬飼貴丈,伊藤沙莉,近藤公園,一ノ瀬ワタル、他


2018年10月期・日本テレビ系・水曜ドラマ枠『獣になれない私たち』のレビューをお待ちしています。

評価 (3.22 / 18)
avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
かこ
かこ

第5話
獣になるとは自分の意思で動けるか。他人評価じゃない自分を生きれるか。やたらと長かった千春エピソード。介護生活でも自分で選んだ道だから辛くない。
対して昌や朱里は? 悲しい背景はあるものの、二人とも自分の意思で動いていない。昌は他人に映るいい子ちゃんの自分から抜け出せない。朱里は失った自分を取り戻せない。
京谷は遅すぎたけど最初の一歩を踏み出した(そのやり方は???だけど) 恒星も小さいけれど踏み出した。そして朱里は踏み出さざると得ない状況になった。
昌はせっかく朱里に会いに行けたのに(踏み出しそうになったのに)、朱里から予想通りの答えを得られなかっただけでまた逃げてしまった。仕事に逃げ、京谷からも逃げた。
自分の意思で踏み出す昌が見たかったけど、周りが動くから踏み出さざるを得ない状況になるのかな。朱里と同じように。
それでも踏み出した先で昌が本当の自分になっていく姿を見たいし、とても楽しみです。

巨炎

社会人としてのアルアル感が随所にある。

微温湯から外への踏みだしは自分もここ1、2年で経験して
ゴタゴタした感じが最近になってやっと落ち着いてきました。
切欠はお世話になった上司(その前の上司はかなりアレな性格でしたが)の退職で
甘えていられる時期は終わったという気持ちがありました。

一方で「従業員を露頭に迷わすつもりですか!」と
松任谷が冗談交じりに言っている本音を『半青』の鈴愛的に理論武装して
朱里的眼差しを向けてくるトンデモな人と関わる羽目にもなりましたが。

『逃げ恥』の人と依存を恥とも思わない人の差がどこで出てくるかは未だに解らない。
朱里はどちらに傾くか。

かこ
かこ

第4話
面白い~ リピートして見ちゃうほど。あんまり評判は良くないようで、そんなドラマが好きな私は変態なんでしょうか笑 でも好き☆
昌が京谷の浮気にショックを受けたり仕返ししようとしたりするのは、まぁ心情的には分かるけど、元々略奪なんだからしょうがないよね。出発点を忘れているのは昌らしくないような(ここはキャラが一貫してないような気がする。。。けど後で明かされるかもしれないので待機)
ようやく朱里に会いに行ったけど、遅すぎると思う。
4年前に、お詫び&でも好きだから、と戦わなきゃいけなかった。呉羽が言う通り、自由になりたければ戦わなくてはいけないし、戦いたくない(or戦えない)なら奪っちゃいけなかった。

朱里に会いに行った昌の様子は悪びれてるわけでもなく、戦う感じでもなく。
何なのか分かんなくて楽しみです!