『NHK朝ドラ カーネーション』

評価 (5 / 81)
『カーネーション』
◆放送期間 : 2011年10月3日 ~ 2012年3月31日
(全151回)
◆平均視聴率 : 19.1%
◆制作 : NHK(BK)
◆制作統括 : 城谷厚司
◆プロデューサー : 内田ゆき
◆演出 : 田中健二、末永創、安達もじり、小島史敬、福岡利武、松川博敬、盆子原誠、熊野律時
◆脚本 : 渡辺あや
◆原作 :
◆音楽 : 佐藤直紀
◆主題歌 : 椎名林檎「カーネーション」
◆主演 : 尾野真千子・夏木マリ・二宮星
◆出演 : 栗山千明、小林薫、濱田マリ、麻生祐未、綾野剛、尾上寛之、新山千春、川崎亜沙美、安田美沙子、他
◆語り : 尾野真千子・夏木マリ

◆特記 :
・放送人の会 放送人グランプリ2012特別賞受賞
・第38回放送文化基金賞テレビドラマ番組部門 優秀賞受賞
・放送批評懇談会 第49回ギャラクシー賞テレビ部門 大賞受賞
・東京ドラマアウォード2012作品賞〈連続ドラマ部門〉 優秀賞受賞
・第37回エランドール賞新人賞受賞
・第21回橋田賞新人賞受賞



2011年下半期・NHK朝の連続小説『カーネーション』のレビューをお待ちしています。

評価 (5 / 81)
avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
巨炎

サエに始まり、八重子さんに帰結。

仕草や表情を織り交ぜた、この会話劇の流れ。言葉遊び等、不要。
糸子の交渉力や木之元との即興コンビを見せる闇市シーンも終戦直後独特の活気に
あふれていて、これがモノクロ映像ならクロサワ映画のよーだ。

巨炎

冒頭でホンノリやコミカルなシーンが入る時には注意せよ!
12週全体で見ても、安岡家を通じて戦争のやるせなさを描くラストへの流れが見事。
小原家ですら世間の風当たりが強くなる中、若い男が残っている
安岡家のそれはいかほどであろうか。太郎にしても叔父の分まで
立派な日本男児でなければいけないという意識があるのではないか。

結婚、間もなかった頃の糸子の言葉。
「お父ちゃんでも勘助でもない男の人が家におる…」
弟のような幼馴染。傷つけてしまった姿が今生の別れ。
どんな理屈を捻りだそうと、戦争という状況を恨もうと事実は変わらない。
小原糸子、生涯に渡り背負っていかねばならない悔恨。
「自分の荷物は自分でどうにかするしかないんや」
正に、その通りです。

1 10 11 12 13 14 18