『知らなくていいコト』

評価 (3.53 / 19)
『知らなくていいコト』感想 水曜ドラマ『知らなくていいコト』

◆放送期間 : 2020年1月8日 ~ 3月 日
(予定)(全 回)
◆平均視聴率 :
◆制作 : 日本テレビ
◆プロデューサー : 西憲彦、
小田玲奈、久保田充、大塚英治
◆演出 : 狩山俊輔、塚本連平
◆脚本 : 大石静
◆原作 :
◆音楽 : 平野義久
◆主題歌 : flumpool
「素晴らしき嘘」
◆主演 : 吉高由里子
◆出演 : 柄本佑,重岡大毅,
佐々木蔵之介,小林薫,
秋吉久美子,本多力,
森田甘路,山内圭哉,他



2020年1月期・日本テレビ系・水曜ドラマ枠『知らなくていいコト』のレビューをお待ちしています。

評価 (3.53 / 19)

19
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎
巨炎

時系列が未来にまで飛ぶ辺りを見ても、やっぱり「ふたりっ子」の大石脚本だね~。

主人公達は清廉潔白ではないけど仕事に恋にと直面する問題に真剣であり
全てを手に入れる事は叶わないが、何かを失いつつも何かを手に入れる。
徹底したピエロだった経験をバネにして社会的に成功した野中と
女と別れ仕事も縮小するも父親としての心の平穏を手に入れる尾高。

そしてケイトは人生をかけた書いた記事は公にならなかったが
一番に読んで欲しかった乃十阿に真剣に目を通してもらえた事に納得して自ら幕を引く。
娘が一人前になった事を誇るような表情の善ちゃん乃十阿。
第1話で母を亡くした主人公が最後に手に入れたものは言葉では示されない。

小林薫は今更ですが、二十代の頃は軽いオンナ、三枚目なイメージが強かった
吉高由里子や柄本佑にとって飛躍となる役回りだったように思うし、
佐々木蔵之介や山内圭哉も過去作品のパワハラ上司のイメージを一新するなど
キャスト&キャラが魅力的な作品でした。

巨炎
巨炎

次回は最終回。あれ、早い(笑。
結局、各話の内容をケイト&尾高(プラス野中)にリンクさせて彼らの関係に収束か。

ケイトと尾高が重傷を負い、野中がケイトの出生をリークした辺りで
急展開を予想した訳ですが、自力で情報を集めた訳でも無い三十年前のネタの野中と
因果応報の事態も受け止めて鮮度の高いネタを自力でモノにしたケイトの差、
現(既に元?)カノによって決定打となってしまった。

まあ最後の拠り所である不倫ネタを尾高の奥さん(他の人には無意味)に
持っていく発想がない辺り、野中もクズであってもゲスでは無いのかな(笑。
二人の関係よりも彼の顛末の方が気になってきたりして…。