『シャーロック』

評価 (3.5 / 12)
月9『シャーロック』感想 月9『シャーロック』

◆放送期間 : 2019年10月7日 ~12月 日(予定)
(全 回)
◆制作 : フジテレビ
◆平均視聴率 %
◆プロデューサー : 太田大
◆演出 : 西谷弘、野田悠介、永山耕三
◆脚本 : 井上由美子
◆原作 : アーサー・コナン・ドイル
『シャーロック・ホームズシリーズ』
◆音楽 : 菅野祐悟
◆主題歌 : DEAN FUJIOKA「Shelly」
◆主演 : ディーン・フジオカ
◆出演 : 岩田剛典、山田真歩、
ゆうたろう、佐々木蔵之介,ほか

2019年10月期・フジテレビ系・月9枠『シャーロック』のレビューをお待ちしています。

評価 (3.5 / 12)

13
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

事件が解明されたからといって誰が救われたという事はない重い話。

ただ謎解き以外に興味はないように見える獅子雄が
「そのコンプレックスがあったから、ここまで来れたんじゃないのか?」と
今回の犯人には、さりげないフォローを入れていて、
過去エピに比べれば元・精神科医の設定が生かされた若宮が
女の子の話し相手になるコントラストは良かった。

結婚前から美人でチヤホヤされる事がされることが当たり前で
ステータスに対する執着とプライドが高い母親(相変わらず、さすがの女性脚本家)。
騒ぎを起こしてしまった娘さんも、親へのコンプレックスをバネにして
内面も綺麗な女性に成長して欲しい所。
最近、「こんな親から、さっさと自立しよう」と思いたくなるドラマが多い(笑。