『10の秘密』

3.3 20 票数
評価
ドラマ『10の秘密』感想 フジ火曜21時『10の秘密』

◆放送期間 : 2020年1月14日 ~
3月 日(予定)
(全 回)
◆制作 : カンテレ
◆平均視聴率 :
◆プロデューサー : 河西秀幸
◆演出 : 三宅喜重、
宝来忠昭、中西正茂
◆脚本 : 後藤法子
◆原作 :
◆音楽 : 林ゆうき、橘麻美 
◆主題歌 : 秋山黄色「モノローグ」
◆主演 : 向井理
◆出演 : 仲間由紀恵、仲里依紗、
松村北斗、山田杏奈、高島豪志、
堀田茜、河村花、飯田基祐、
小松利昌、迫田孝也、たくませいこ、
高杉亘、佐野史郎、遠藤雄弥、
中林大樹、藤原光博、山野海、
名取裕子、渡部篤郎、他



2020年1月期・フジテレビ系・火曜21時枠『10の秘密』のレビューをお待ちしています。

3.3 20 票数
評価
通知
更新通知を受け取る »
guest
20 コメント
フィードバック
全てのレビューを表示
たんしお
たんしお
3 ヶ月 前

プロデューサーの方が途中で仕事が面倒くさくなってしまったんでしょうwwwこんな結末のドラマ一生に二度見れてない貴重な体験でしたwwwww

巨炎
3 ヶ月 前

迂闊女王~!!!空港でグラサンもせずに堂々と映るのはフェイク作戦かと思ったら
(そうであって欲しいと期待したのだが)正真正銘の初歩的なミスだった。
宇都宮も切り札は最後まで取っておくという発想も無くて
それで迂闊社長はあっさり堕ちるし…。

下手な小細工弄するより真向ぶつかって突破口が開ける時もあるのは解りますが
それはタメとしての知略戦、駆け引きで引き込んでこそ際立つ。
そもそもサスペンスドラマとして幕開けしていながら、そっちは竜頭蛇尾に終わり
仲間由紀恵や佐野史郎のキャスティングを生かしきれないネタドラマに。

「嘘」シリーズの後藤法子脚本なので過剰に期待しすぎたかもしれません。一方で
キャストのパワー、特に最初から隠し事が無い名取裕子さんが最後に貫禄を見せました。
皆さんご苦労様。

巨炎
4 ヶ月 前

「私は君達のような迂闊な小物連中とは違うよ~」と言わんばかりの態度で
圭太と宇都宮が徒党を組んでいる事を見落としている迂闊社長。

アンタら何で直球でぶつかるしか能が無いんだ?と思っていたが
翼君が正真正銘の直球なのに対し、圭太は微妙に相手の油断を引き出す表情や一言
(真っスラというヤツでしょうか?)
土壇場で成長するなど、どうにか正統派の主人公に回帰。

偽装殺人はやっぱりねぇ…。
何で圭太が偽造パスを処分もせずに持っていて、向こうもそれを前提にしているのか
この辺りは脚本の不備に思えるがラスボスの存在感でカバーでしょうか。
ハラハラやらツッコミやらで楽しませてもらったけどラスト1話です。

20
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x