『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』

評価 (2.35 / 17)
月9『ラジエーションハウス
~放射線科の診断レポート~』

◆放送期間 : 2019年4月8日 ~ 3月 日(予定)
(全 回)
◆制作 : フジテレビ
◆平均視聴率 %
◆プロデューサー : 中野利幸
◆演出 : 鈴木雅之、金井紘、野田悠介、関野宗紀
◆脚本 : 大北はるか
◆原作 : 横幕智裕(原作)モリタイシ
(漫画)『ラジエーションハウス』
◆音楽 : 服部隆之
◆主題歌 : MAN WITH A MISSION
「Remember Me」
◆主演 : 窪田正孝
◆出演 : 本田翼,広瀬アリス,
浜野謙太,丸山智己,矢野聖人,
山口紗弥加,遠藤憲一,鈴木伸之,
浅野和之,和久井映見ほか

2019年4月期・フジテレビ系・月9枠『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』のレビューをお待ちしています。

評価 (2.35 / 17)

19
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

今更ながら原作読んでみました。
少年サンデーでモテたい男子描いていたモリタイシなので主役が色ボケ気味は仕方ない。
医師免許持っていて海外権威の御墨付はドラマ同様ですがバス内で診察なんかしてない。
Ⅼに近いデジタル方面特化の天才で人との関わり方はかなり下手。
虐待死が疑われる少年の真相を解き明かしたりスイッチ入るとマジで探偵ですが
不特定多数の患者と接していけるタイプでは全く無いので放科は必然。
で、周囲のスタッフも立場相応のスペックを持っているので
(ちゃんと全員でカンファレンスに出席している!)
これならチームの隠し切り札的立場で技師でも良いように見えてきます(笑。

特に甘春先生は『優秀な若手』という匙加減の描写が絶妙。
本田翼は白衣ポケットに両手突っ込んでましたが
男性白衣を袖まくりして着ていて全然、印象が違う。強いて言えば腰まで届く
ロングが医師としてアレですが本来、患者と直に関わるのは薄い科で漫画という事で。
(現在、二年間の研修医制度が義務化されているので放科入局二年間で伸ばした?)

乳癌患者の別れた夫も、夫人の方が過去の片胸手術で女としての自信を無くし
自分から離婚を切りだしていて、もう片胸の手術を切欠に
「子供と三人でもう一度、頑張ろう」と言ってくれる辺り、イイ人ではないか。

要するにドラマの脚色が凄まじく酷い事を再確認してきたという話です。
「朝顔」のスタッフなら全く別の作品になっていたでしょう。