『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』

評価 (2.25 / 8)
月9『ラジエーションハウス
~放射線科の診断レポート~』

◆放送期間 : 2019年4月8日 ~ 3月 日(予定)
(全 回)
◆制作 : フジテレビ
◆平均視聴率 %
◆プロデューサー : 中野利幸
◆演出 : 鈴木雅之、金井紘、野田悠介、関野宗紀
◆脚本 : 大北はるか
◆原作 : 横幕智裕(原作)モリタイシ
(漫画)『ラジエーションハウス』
◆音楽 : 服部隆之
◆主題歌 : MAN WITH A MISSION
「Remember Me」
◆主演 : 窪田正孝
◆出演 : 本田翼,広瀬アリス,
浜野謙太,丸山智己,矢野聖人,
山口紗弥加,遠藤憲一,鈴木伸之,
浅野和之,和久井映見ほか

2019年4月期・フジテレビ系・月9枠『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』のレビューをお待ちしています。

評価 (2.25 / 8)

10
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

まあ、ハッキリ言って(今さらながら)チーム医療は崩壊しとります。
「好きな子と同じ職場で働きたい」を百万歩譲ったとしても
本気で患者のことを考えるなら最初から放射線科医としてカンファレンスに参加して
他科の医師とコミュニケーションを重ねておくべき。

主治医に具申という形は取らず患者に直接、あーだこーだと勝手に話を進めて
他科の医師は全く登場しないか主役の意見に耳を貸さないテンプレ無能扱いで
主治医として患者への説明やケアもぞんざい。

現実の技師でとても尊敬する人がいるので、この主役アゲが全ての本作は
(珍しい病気の知識などはプロの監修がついていれば簡単に張り付けられる)
多分、今回で視聴切りになると思います。

shma
shma

ラジエーションハウス 第2話
メインエピソードとは別に描かれるサブエピソードの塩梅は鈴木演出の真骨頂ですね。こうやってメインエピソードを無駄に使わないでサブキャラクターを立たせていくのはいいと思います。ラジエーションハウスのチーム感も出てきたし、面白かったです。ただ、そろそろ唯織が只者ではないということにみんな気づきそうなんですけどねw。

巨炎

専門医師でも知らないような激レア疾患を見抜いたスゲー主人公に感化され
放射線科チームが仕事に対する情熱を取り戻す!燃える展開ですねー(棒読み)。

「初恋のあの子と同じ職場に居たい」等という色ボケ動機自体が社会を舐めているし
しょうもない色ボケ描写が全体のストーリーをチグハグにする。
膵臓や副腎の疾患に対する血液検査や尿検査には全く触れられず画像診断が全て?
稀かつ重病疾患の患者及び家族には経済的&社会的&精神的ケアを
チームで行うべく中核となり説明する内科&外科の主治医がいるはずなのに
全く描写されないか無能&無責任なキャラ扱い。こんな病院、向島電気より先に潰れる。

別れた亭主は妻の闘病生活を支えようともしなかった屑という扱いだし
さすが「グッド・ドクター」の脚本家。