『NHK大河ドラマ おんな太閤記』

評価 (4 / 1)
『おんな太閤記』
◆放送期間 : 1981年1月11日 ~ 12月20日
(全50回)
◆制作 : NHK
◆平均視聴率:31.8%
◆制作統括 : 伊神幹、澁谷康生
◆演出 : 北嶋隆、宮沢俊樹、富沢正幸、佐藤幹夫、上田信、橘高幸三
◆脚本 : 橋田壽賀子
◆原作 :
◆音楽 : 坂田晃一
◆主演 : 佐久間良子
◆出演 : 西田敏行、夏目雅子、池上季実子、中村雅俊、長山藍子、滝田栄、音無美紀子、浅茅陽子、泉ピン子、赤木春恵、藤岡弘、、フランキー堺、他
◆語り : 山田誠浩




1981年度・NHK大河ドラマ『おんな太閤記』のレビューをお待ちしています。

評価 (4 / 1)

1
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

武将の妻路線女性大河、最初の作品。
(発芽は三年前に岩下志麻が北条政子を演じた「草燃える」でしょうが)

大ヒット作ですが功労者は秀吉を演じた西田敏行でしょうか。
愛嬌のある藤吉郎が、後半はおっかない太閤。
緒形拳と勝新太郎に次ぐナンバー3ぐらいの迫力です。
主人公に併せて旦那を「平和を愛する良い人」に描くつもりが無い所が素晴らしい(笑。
佐久間良子演じるねねと池上季実子演じる淀のバランスも良かったですが
男性キャラのハードパワーを容赦なく描いているから
女性キャラのソフトパワーも上手く表現出来ていた、この頃の橋田寿賀子。
これが前田家をメインに描いた「女たちの百万石」(六年後の民放)になると…(涙。

ちなみに本作のねねは最初は前田利家に惚れていて演じるのは滝田栄。
役所広司は信長の息子役であり、二人とも前年の朝ドラ出演から
二年後の「徳川家康」では天下人と出世街道一直線!