『長閑の庭』

評価 (3.33 / 3)
プレミアムドラマ『長閑の庭』

◆放送期間 : 2019年6月2日~6月23日(全4回)
◆制作 : NHK
◆平均視聴率 : %
◆制作総指揮 : 谷口卓敬、黒沢淳
◆演出 : 谷口正晃、山内宗信
◆脚本 : 荒井修子、大林利江子
◆原作 : アキヤマ香『長閑の庭』
◆音楽 : コトリンゴ
◆主題歌 : ロザリーナ「ボクラノカタチ」
◆主演 : 橋本愛
◆出演 : 工藤阿須加、中村ゆりか、
西田尚美、平泉成、斉藤由貴、
田中泯,ほか

NHKプレミアムドラマ「長閑の庭」の試写会が本日5月31日に東京・NHK放送センターで行われ、キャストの橋本愛、田中泯が登壇した。


2019年4月期・NHKBS・プレミアムドラマ枠『長閑の庭』のレビューをお待ちしています。

評価 (3.33 / 3)

3
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

各自が自分が幸せになりたい気持ちと相手を想う気持ちの葛藤。まあ王道です。

一番の見所はやはり斉藤由貴と橋本愛の対峙シーンでしょうか。

「彼の最期を看取る覚悟は私にはある」と言い放ちながらも

シュバルツの若い純粋さに、かつての自分を見たであろう元妻。

闘病生活は描写されない幕引きですが一応、恋愛ドラマであって

医療&介護ドラマではないので…。

巨炎

前回より恋愛とコメディ要素が前に出てきたか。

教授とショッピングでご満悦のシュバルツ元子。
しかし親子と間違われ教授は「祖父と思われなくて良かった」と。
ちなみに原作設定だと元子は23歳、教授は64歳だそうで。
朝ドラで年の離れた父役だった平泉氏が今回、祖父役はやはり確信犯。

田中教授は70歳ぐらいには見えて、元妻の斉藤由貴とも割と年が離れている。
三人で居合わせると娘と母とお爺ちゃんにしか見えない三角関係。

巨炎

本放送を地上波の裏番枠で見逃した第一回。

さすが、橋本愛。黒い地味服でシュバルツの異名をとりながら匂い立つ気品。

おどおどしているようで、ここぞという所で魅せる凛とした姿。

「静」のドラマだからこそ、こういう女優がメインを張る重要性が増します。

恋愛を絡めながらも、恋愛が全てではないバランスも良いし、

別れても仕事で互いに尊敬している元妻が立ちふさがってくる所とか

恋敵のキャラ立てはこうでなくては(笑。

しかし、お爺ちゃんっ子で祖父役が平泉氏とは、シャレにならんなぁ…。