『モトカレマニア』

評価 (2.25 / 4)
木曜劇場『モトカレマニア』

◆放送期間 : 2019年10月17日 ~
12月 日(全 回)
◆平均視聴率 : %
◆制作 : フジテレビ
◆プロデューサー : 草ヶ谷大輔
◆演出 : 並木道子、相沢秀幸
◆脚本 : 坪田文
◆原作 : 瀧波ユカリ 「モトカレマニア」
◆音楽 : 田渕夏美、中村巴奈重
◆主題歌 : 超特急「Revival Love」
◆主演 : 新木優子
◆出演 : 高良健吾,浜野謙太,
田中みな実,よしこ,森田甘路,
関口メンディー,加藤虎ノ介,
大地,大倉空人,井上翔太,趣里,
小手伸也,山口紗弥加、他


2019年10月期・フジテレビ系・木曜劇場枠『モトカレマニア』のレビューをお待ちしています。

評価 (2.25 / 4)

4
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

仕事はちゃんと、やっていると思っていたのですが、
正社員になったばかりなのに有給休暇で女同士の旅行に出発。
しかも女性陣の顔立ちも抱える悩みも全員、似たり寄ったりで
「G線」と対照的に下降線…。

マコっちがそれに併せるように、第一回からどんどんヘタレていく様を
高良君が頑張って演じている男性陣の方は多少、マシですが
女性陣はピンポン演出も滑っている。

巨炎

マコっちも実はツンデレヘタレな一面がある事と、
山下さんが咬ませ犬ポジを回避する聡明さを持っている事は解りましたが…。

元カレ元カノに未練タラタラの心情は無論、あるだろうけど
そこで無理に笑いを取ろうとするコミカル演出が滑っていて全然、笑えない。
大真面目にやって笑えるのが面白いんですけどね。

ラブストーリーにすれ違いは付き物といっても
メイン二人は尺を持たせるため無理にすれ違わせているような感じもするし
馬鹿馬鹿しくて惰性で観る低空飛行作品?

巨炎

リアル「偽装不倫」男が社長の会社?
脳内自分語りとか色々と思い出すんですけど…。

仕事はちゃんとやる分、マシですが『マニア』とは聞こえのいい響きで逆に現実逃避感。
クラシックマニアとアニソンオタクだって
本質は差が無くても世間的印象は天地の開きがありますよね(笑。

最初に付きあった男が一番イケメンだったから脳内補完でどんどん美化してしまって
後に付きあう男と上手くいかなくなっているようにしか見えないんですけど…。
(「貴方は変わった」という言葉も何か説得力が無い)
「定時」は仕事メインを通じてキャラを描いたのでヨリが戻るのも一応、納得。
「凪のお暇」は踏ん切りをつけた。この作品の明日はどっちだ?