『偽装不倫』

評価 (1.8 / 5)
水曜ドラマ『偽装不倫』

◆放送期間 : 2019年7月10日 ~ 9月 日(予定)
(全 回)
◆平均視聴率 :
◆制作 : 日本テレビ
◆プロデューサー : 加藤正俊、森雅弘、
岡田和則、武井哲
◆演出 : 鈴木勇馬ほか
◆脚本 : 衛藤凛
◆原作 : 「偽装不倫」東村アキコ
◆音楽 : 菅野祐悟
◆主題歌 : 「us」milet
◆主演 : 杏
◆出演 : 宮沢氷魚、瀬戸利樹、MEGUMI、
田中道子、夏子、伊沢弘、朝加真由美、
谷原章介、仲間由紀恵 宮地雅子、
中村昌也 、他


2019年7月期・日本テレビ系・水曜ドラマ枠『偽装不倫』のレビューをお待ちしています。

評価 (1.8 / 5)

5
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

駄目人間の心理は駄目人間にしか解らないのかー(爆。

そりゃ、寅さんも旅先で知り合った人に赤ん坊を抱っこした
さくらちゃんの写真を「俺の女房と子供」と紹介しちゃった事はある。
でも、寅さんは定職にも就かずにとら屋に居座り続けている訳では無いし
それなりに人を見る目はあるよなー。

この作者のキャラ全般に言える事ですが人をステータスという物差しだけ
(それが単に「年収〇✕」という類では無いというだけ)で測る傾向が強く
年齢不相応に「幼く」「浅い」。
姉の不倫ストーキングや不倫ゴッコしてる合間に
次の派遣先は何となく決まる所に作品のスタンスが表れておりますな…。

開いている時間なので、ながら観で暫く付きあいます。

風子

久しぶりなのにネガティブなレビューからですいません。私ももう見るのやめるつもりです。この枠のドラマは最近つまらないですね。杏さんは好きなので他のドラマで頑張ってほしいです。

巨炎

杏ちゃんの復帰作と予告から割と期待したのですが原作者が…成程。
「タラレバ娘」は未見ですが「海月姫」は目を通しまして
駄目女の妄想の域を出ない作風だったなぁ、と。

最近はアラサー女子が主役のドラマも多いですが
「初恋日に読む話」は一応、相手と向き合って現実に踏みだしたし
「定時」は最初から、ちゃんと自立していました。
これに対して「海月姫」は主人公はまだ二十歳前後とはいえ
一歩踏みだした直後に微温湯に戻って、どーすんだ!だった訳で。
パラサイトシングルや二世帯住宅家族が抱える闇等の問題もそれとなく示していますが
ベラ&貞子のキャストパワーとコミカル演出で話を持たせながら
根底にあるストーリーは今の所、惹かれる要素が薄いかな?

もっともパワーのあるドラマは時として現実を追い越してしまうので
これなら「あなそれ」のように旦那がサイコ化したり
『やはり謙さんの娘』と陰口を叩かれる事態には発展しないか。