『中学聖日記』

評価 (2 / 10)
TBS火曜ドラマ『中学聖日記』

◆放送期間 : 2018年10月9日 ~ 12月18日(全11回)
◆平均視聴率 : 6.9
◆制作 : TBS
◆プロデューサー : 新井順子
◆演出 : 塚原あゆ子、竹村謙太郎、坪井敏雄
◆脚本 : 金子ありさ
◆原作 : かわかみじゅんこ 『中学聖日記』
◆音楽 : 小瀬村晶、信澤宣明
◆主題歌 : Uru 「プロローグ」
◆主演 : 有村架純
◆出演 : 岡田健史,町田啓太,友近,夏川結衣,吉田羊,小野莉奈,
マキタスポーツ,夏木マリ、他

火曜ドラマ「中学聖日記」【TBS公式】 (@chugakusei_tbs)さんの最新ツイート TBS火曜ドラマ #中学聖日記 の公式ツイッターです。禁断×純愛のヒューマンラブストーリー。出演:#有村架純 #岡田健史 #町田啓太 #マキタスポーツ ・ #夏木マリ #友近 ・ #吉田羊 #夏川結衣 他。 東京都港区赤坂


2018年10月期・TBS系・TBS火曜ドラマ枠『中学聖日記』のレビューをお待ちしています。

評価 (2 / 10)
avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
Saizounaka
Saizounaka

いきなりですけど。今、日本人は鈍感に成ったんですか?聖先生は純愛を通り越して、神的女教師愛に行きついていたことに誰も気づいていないんですか?だいたい母親と父親のわがままな生き別れで、黒岩が不良娘と付き合い出していることを聖は 家庭環境を改善しなければ しっかりした大人に成長しないと母親に相談したが、母親は自分の家庭は あまり関係無いかのようにいって黒岩の不安定さを聖に対する愛情に向かうようにして母親のわがままが黒岩を聖に追い込んで、聖は教師愛を踏み越えてわがままな恋愛に黒岩が引き摺り込んで、それでも聖は教師として黒岩を父親と母親の間に繋がりを持たせようとして黒岩の家庭をしっかり学生らしく大人に向かえるよう、教師と生徒の恋愛かのように誤解されても、一時黒岩を教師を越えた愛情恋愛で支えざるをえず。天職である教師をそして日本を親を捨て。そして黒岩の家庭ごとを愛し。愛する黒岩と別れもう二度と会えなくても黒岩の家庭と黒岩の幸せを祈りながら聖は教師を再び違う国でチャレンジしながら、それでも例え不幸になっても愛を背負って生き別れていたことに誰も気づいていないんですか?教師が時に恋愛に成らなければ生徒を教育成長させれない愛の十字架に張り付けにされていたドラマだったことに。だって黒岩は純愛なんかじゃ無い 、家庭崩壊のわがままを聖という愛情の深い聖職者に甘えていただけだって言いたいんですが。そしてまさに聖職者を聖先生を描いた作品だったことになぜ 皆ピントがあわないんでしょう?聖先生程素晴らしい女性であり女教師は子供の愛する相手にふさわしいように思います。少なくとも不良娘よりも良い女教師を選ぶ方が自然。作品的には 良い女教師作品だったことに聖先生に心から感動しました。

巨炎

土壇場で不倫ドラマよりは評価が上がった…。
延々、自己中言動を繰り返した馬鹿ップルが後日談で成長しました系と
「禁じられた恋」のハッピーエンドは海外逃亡が定番系のハイブリット的ですが
黒岩がお母さんに「ありがとう」と言って受験に専念したのは大きな進歩でした。

でも少年法を調べ直してみると15歳でも刑罰の対象になる所まで改正しているんですね。
君の人生、もっと早い段階で自分の方が訴えられてドロップアウトもありえたんだよ。

巨炎

う~ん、ここまで来ると殆どギャグだ。

聖ちゃんは勝太郎とかいう奴と結婚していなかった!
僕をずっと待っててくれたんだ!
るなちとは別れる!結婚しよう!!
今更だけど完璧にストーカー思考(爆。

「僕はもう18歳です」

でも、まだ親に扶養してもらっている立場だからね。
聖先生、何とか突き放したけど、その辺りをちゃんと言い含めましょう。
お母さんも感情ベクトルは息子さんのブレーキに向けてくれい。

巨炎

原作はレディコミらしいし年下イケメン漁り願望の具現化といえば、それまで。
クズ駄目男女のエロドラマを「純愛」と謳う作品なんぞ今更といえば、それまで。

過去と向き合おうとか吹っ切ろうとかしてるけど人間、そうそう変われるものではなく
イケメンに言い寄られると流されてしまう聖先生も
同窓会からの流れでラブホテル直行の黒岩も本質的な所では進歩無し。

学歴身に着けて18歳になれば法的に大人でも、それで務まるのはホストや
最近、流行り(?)のママ活ぐらいで姉さん女房を受け止めるには全然、足りない。
そんなのなら有名大学の学生がレ〇プ事件を起こしたりはしませんね。

黒岩のお母さんが自分は嫌われてもいいから
一歩ずつ、ちゃんとした大人になって欲しいと思う気持ちだけは解る。

巨炎

綾瀬はるか主演の「おっぱいバレー」という映画は
中坊のエロガキぶりをストレートに見せている分、まだかわいげがあったか。
本作は変にカッコつけて美化しているからイラつく。
イケメンで主役ならセクハラもストーカーも美しき青春かよ…。

「僕には聖ちゃんしかいない」
デパートで玩具買ってとせがんでいるのと本質的に変わらない子供の駄々を
年下の男漁りをしている原口は若者の純真さと過大評価。このためのキャラか。
何で「彼女に自分が相応しいか、どうすればなれるか考えなさい」と諭してやれない?

自分の都合で大人と子供を使い分けて尚且つ叱られないようでは一生、ガキ。
で、時は流れ高校3年生。容姿端麗、頭脳明晰、肉体的にも高水準だが
頭の中は中坊で止まっているという事でタイトルはそのまま続行?