『令和元年版 怪談牡丹燈籠』

評価 (4 / 2)
プレミアムドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』感想 プレミアムドラマ『令和元年版 怪談牡丹燈籠』

◆放送期間 : 2019年10月6日~10月27日
(全4回)予定
◆制作 : NHK
◆平均視聴率 : %
◆制作統括 : 千野博彦、伊藤純、
川崎直子、八木康夫
◆演出 : 源孝志
◆脚本 : 源孝志
◆原作 :
◆音楽 : 阿部海太郎
◆主題歌 :
◆主演 : 尾野真千子
◆出演 : 柄本佑,若葉竜也,谷原章介,
戸田菜穂,石橋菜津美,中村七之助,
上白石萌音,犬山イヌコ,中原丈雄,
笹野高史,伊武雅刀,段田安則,
髙嶋政宏,神田松之丞 ほか



2019年10月期・NHKBS・プレミアムドラマ枠『令和元年版 怪談牡丹燈籠』のレビューをお待ちしています。

評価 (4 / 2)

2
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

近代モノを除けば「小川の辺」以来かな?オノマチ時代劇。
幽霊より人間の方が怖いかもしれないなぁ…。

主治医の五代目・三遊亭円楽先生はゾクッとする色気がどうとか言ってるけど
ゾクッとする野心と形容した方が合っている。まだ少女のお露が嫌うのも無理はないが
蛇のような目つきの源次郎は、そこがいいんだとか。
火遊びにリスクは付き物で悪女も聖女もその辺は同じでしょうか。

女の野心と男の狂気が水面下で渦巻いている感じで掴みはオッケー。