『G線上のあなたと私』

評価 (3.56 / 9)
TBS火曜ドラマ『G線上のあなたと私』

◆放送期間 : 2019年10月15日 ~12月 日
(全 回)
◆平均視聴率 : %
◆制作 : TBS
◆プロデューサー : 磯山晶、佐藤敦司
◆演出 : 金子文紀、竹村謙太郎、
福田亮介
◆脚本 : 安達奈緒子
◆原作 : いくえみ綾
『G線上のあなたと私』
◆音楽 : 末廣健一郎、MAYUKO
◆主題歌 : 緑黄色社会「sabotage」
◆主演 : 波瑠
◆出演 : 中川大志、桜井ユキ、
鈴木伸之、真魚、滝沢カレン、
森岡龍、永野宗典、小西はる、
池谷のぶえ、日野陽仁、長野里美、
信太昌之、矢崎由紗、きづき、
小木博明、夏樹陽子、松下由樹、他



2019年10月期・TBS系・火曜ドラマ枠『G線上のあなたと私』のレビューをお待ちしています。

評価 (3.56 / 9)

9
このドラマのレビューと星評価をつける

avatar
  通知  
更新通知を受け取る »
巨炎

一番、バイオリンを弾いていない話でしたが
一番、会話が面白かったような気がする今回。

まだ結婚にファンタジーを見ている20代、現実を見過ぎている40代、
両者の狭間にある30代。これで家族にも話せないような事を話し合ったり
ツッコミを入れたりできる間柄なのは第一章で紆余曲折ありながら
共に演奏の練習に励んできたから。成程、積み重ねてきた時間は大切だ。

一方でそれぞれの家庭における人間関係にも変化の兆し。
こういうメインの三人(+一人)が自分達、内輪だけで完結しているのでは
無い所がイイ感じです。でも、これだけで済む話にも思えない…。

巨炎

第一章は今回まででも良くね?
何はともあれ世の中も人生も恋愛だけで成り立っているのではなく
就職、介護と色々あるもので三人の新たな側面が見えてきました。

最初に二年前の「カルテット」を思い出し、
次に一年前の「中学聖日記」を思い出しましたが、
自分の駄目さ加減を自覚して足掻いて少しずつでも地に足をつけ(そして、たまに転倒)
という展開の本作の方が各キャラへの共感度は高い。

次回からこそ第二章という感じですが
理人君はとりあえずお兄さん夫婦から独立しようね♪