『NHK朝ドラ カーネーション』

評価 (5 / 105)
『カーネーション』
◆放送期間 : 2011年10月3日 ~ 2012年3月31日
(全151回)
◆平均視聴率 : 19.1%
◆制作 : NHK(BK)
◆制作統括 : 城谷厚司
◆プロデューサー : 内田ゆき
◆演出 : 田中健二、末永創、安達もじり、小島史敬、福岡利武、松川博敬、盆子原誠、熊野律時
◆脚本 : 渡辺あや
◆原作 :
◆音楽 : 佐藤直紀
◆主題歌 : 椎名林檎「カーネーション」
◆主演 : 尾野真千子・夏木マリ・二宮星
◆出演 : 栗山千明、小林薫、濱田マリ、麻生祐未、綾野剛、尾上寛之、新山千春、川崎亜沙美、安田美沙子、他
◆語り : 尾野真千子・夏木マリ

◆特記 :
・放送人の会 放送人グランプリ2012特別賞受賞
・第38回放送文化基金賞テレビドラマ番組部門 優秀賞受賞
・放送批評懇談会 第49回ギャラクシー賞テレビ部門 大賞受賞
・東京ドラマアウォード2012作品賞〈連続ドラマ部門〉 優秀賞受賞
・第37回エランドール賞新人賞受賞
・第21回橋田賞新人賞受賞



2011年下半期・NHK朝の連続小説『カーネーション』のレビューをお待ちしています。

評価 (5 / 105)
avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »
巨炎

静子の嫁入り。千代さんのアップと善作写真は自分達の駆け落ちを思い出している?
糸子のお古(というか事実上、新品だが)がいつも静子に流れていきますが
柳生みゆさんはNHK版「大岡越前」で確かほっしゃんと夫婦役を演じます(笑。

そしてハルさんの他界。戦争からの立ち直りと並行して
「世代交代」により戦前から続いた糸子を取り巻く世界も変わっていく。
ただ後半で問題になるのが戦後社会の急激な変化がもたらす影響。
今回、千代さんは娘が幸せに向かって自分の足で歩いていく様を
嬉しそうに見ていますが同じ世代になった時の糸子の心中はかなり複雑になる。
「ウチは、この家で死にたかったんや」「早う、お迎えがこんやろか」
と繰り返していたハルさん。早くに亡くなったであろう夫や先立った倅との思い出に
しがみついていたのであろう、今の糸子には想像もつかない孤独感を
晩年には糸子自身がよりシビアな形で背負うことになる。

82話から本当の意味で後半開始でしょうか。
戦地帰りの男達が酒と煙草に興じながら醸し出す空気感。
「あさが来た」の時より余程、怖いよなぁ…。

巨炎

14週四話と15週冒頭二話で戦争の傷を一歩ずつ乗り越えていくのが解ります。

しかし15週冒頭から子役キャスト交代を見ると、
やはり14週は先週に全部、放映していてくれてればとも思う(汗。
安岡家は太郎に玉枝さんを背負う大役が待っているから仕方ないけど
小原家は周防編が本格始動の16週まで現状で引っ張っても良かったのでは?

そして、また来週から相撲です。
8月には高校野球もあるし9月までかかる可能性大。

1 11 12 13 14 15 23